着物メンテナンスのアドバイス

  • 2017.04.05 Wednesday
  • 16:18





お手持ちの着物の保管、管理やメンテナンスを教えて欲しいとご連絡があり
お客様のお宅へ参りました。









そこにはお義母様から譲り受けた訪問着や、以前 その訪問着に古都里で合わせた袋帯などもあって、懐かしいね〜なんて言いながら まずは一枚一枚 お着物の状態を確認。







こちらのセットはご友人の結婚式にお召しになったコーディネート。







お着物は全て桐箱に大切に入れてありました。


お祖母様の形見の素晴らしいお着物や
来年お子様の七五三に着る予定の
ご主人が5歳に着た晴れ着もあり、
これらを大切に継承していきたいと言われていました。






もう一つの悩みが
ご主人が5歳に着たという晴れ着









とても素晴らしいものなんですが
所々黄変があり、どのようにしたらよいかのご相談でした。




黄変は簡単に取れるものではありませんので
古都里がお世話になっている悉皆屋さんと良く相談して1番ベストなご提案が出来る様にお預かり致しました。



お客様は、着物に対する関心が今だけのものにならないように、管理の事を詳しく質問されてましたので 私もそれに対して一つ一つお答え致しました。



お着物お持ちの皆さん、着物のメンテナンスしていますか?





着物をお召しになる方、着物のクリーニング、どうされていますか?

半襟のエリ汚れ、いつ取替えて、その汚れはどんな手段で取ってますか?



お身内から譲り受けたお着物 桐箪笥に入れて安心!
防虫剤沢山入れてるから大丈夫!

なんて長年タンスに入れっぱなしになっていませんか?


桐箪笥に入れていても何年も放ったらかしにしていればいづれ湿気は来ます。

防虫剤は一つ入れても沢山入れていても期限は長くて一年です。
一年経つと効能がなくなります。


年に1度は陰干ししましょう。

それも、季節はいつでも良い訳ではなくて 湿度の低い晴れ間の これからがベストですよ〜♪



不安や疑問がございましたら 古都里のキモノスタイリングサービスと同様
メンテナンスサービスがございますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。






キモノサロン古都里
http://www.kimonokotori.com/
福岡市中央区薬院 4-8-28-204号
092-406-2062
11〜20時【不定休・完全予約制】
4月の営業日はこちらでご確認ください http://blog.kimonokotori.com/?eid=587
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM