落語にお召しの着物のお支度

  • 2017.08.31 Thursday
  • 08:16


長いお付き合いのお客様


過去には結婚式にご参列される時や
歌舞伎鑑賞の時に古都里でそれぞれ一式お支度させて頂いた事があります。


それが、仕事の転勤で名古屋に行ってしまい、寂しく思っていましたら
今回、帰省時に時間を作ってご来店下さったんです。

ありがたいなー。



9月半ばに名古屋で落語に行かれるそうで、一式揃えたいが何をチョイスすればいいか全くわからないからとの事でご相談でした。


実は以前 福岡にいる時
6月初旬、博多座歌舞伎鑑賞の時に飛び小紋の単衣のお着物で一式お支度させて頂きました。




本来、9月半ばでしたら それでも良いはず、
しかしながら 新陳代謝の良いお客様笑
暑いんじゃないかなぁと。
熱中症が怖い。


それに名古屋の土地柄のご当地ルールがわからない…


着物には先取り、って言う粋な風習もある。


そこで 私は 濃い色目の薄物で 秋を意識したコーディネートを考えました。


今回はカジュアルに纏めましたよ♪






藍染 楊柳縮み 蔦柄のお着物に
竜胆柄の夏帯






全体的に地味な感じなので マゼンタ色の帯締めを差し色に








色白のお客様にとても映えました。










名古屋にお帰りになっても
アフターフォローも欠かしません。


お手持ちの草履とバックも選び、
これで完璧な装いで 当日を迎えられます!







あ、名古屋のお土産も頂きました



もう既に 美味しく頂きました。

いつも、ありがとうございます。



これから秋本番を迎える前に
TPOと貴方にお似合いの、着物一式のお支度のお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。




キモノサロン古都里
http://www.kimonokotori.com/
福岡市中央区薬院4-8-28-204号
092-406-2062
11〜20時【不定休・完全予約制】
9月はこちらでご確認ください
http://blog.kimonokotori.com/?eid=655
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM