卒業式のキモノスタイリングサービス

  • 2020.03.14 Saturday
  • 14:40

今の時期は特にお子様の卒業式のキモノスタイリングのご用命も多くいただいております。

お一人目は、お客様のご自宅に訪問し、
ご自分のお着物の中で、お子様の卒業式にお召しになる着物、帯、帯周り、草履、バック、
着付け小物一式揃っているか、のトータルでお受けしました。







これで準備万端!
当日、着付けもさせていただきます。


お二人目は
いつも着物を着るタイミングでお義母様から
この着物を着たら?と大体一式送られてくるそうで、
その一式の中でその方に合うコーディネートをさせていただいております。

帯締め、帯揚げは数本(枚)ある中でベストなお色目を刺していきます。

今回のお着物は、以前、拝見した事がありまして、
シミや、湿気による経年劣化の色あせなどがあり、これは着ない方がいいと判断した着物でした。

お義母様に伝えると、息子さん(お客様のご主人)の七五三でお召しになったお着物で思い出深いものがあり、
思い切って染め替えをしてもらってまた蘇りました。

最近は高額により、染め替えしない方が殆どですので、私もまた綺麗になった着物に会えて本当に嬉しかったです。








こちらはお子様の入学式にお召しになります。
お着付けもご用命頂きました。



3人目の方は お母様から譲り受けたお着物を卒園式にお召しになりたいと
ご予約頂きました。

まず、こちらをご覧ください。





これは江戸小紋と塩瀬の名古屋帯なんですが、お母様がお客様の七五三にお召しになったコーディネートだそうです。 
とっても可愛くて、塩瀬の椿も保管状況がよくてシミもなく素敵でした。



私は卒園式だと、まだお子様も小さいし、例えばぐずったり、甘えたりしてきて、抱っこしなければいけなかったり、
子供の荷物が多かったり、色々ママは大変です。

なので、色無地、付下げ、訪問着じゃないと駄目、とは言いたくなくて、
例えば小紋と名古屋帯でもいいと思っています。


お着物を着ると言うだけで、正装と見ていただきたいです。

ただ、今回は、江戸小紋に、枝葉のある椿柄。

枝葉がついた椿柄はやはり、その季節に咲く頃にお召しになるのがベストかなと判断して、お伝えしました。



そして、こんな風にしたらいいよ!とお客様に合う袋帯をコーディネートしてみました。








こちらは只今 保留ですが、検討していただいております。



お子様の門出を祝う為に着物をお召しになる事は本当に私にとっても嬉しい事です。
滅多に着る機会がないと言われてる今こそ、着物を着るチャンスです。



キモノスタイリングサービス、お着付け、また、ご自分で美しく着れる様になる為の着付け教室も承っております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

キモノサロン古都里
http://www.kimonokotori.com/

福岡市中央区南薬院
※完全ご予約制のプライベートサロンですので、ご予約されたお客様に住所をお伝え致します。

092-753-8421
3月の営業日はこちらでご覧下さい
http://kimonokotori.jugem.jp/?eid=817
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM